YYCのキャッシュバックシステムで稼ぐ方法!

YYCのキャッシュバックシステムで稼ぐ方法!

YYCのサクラのアルバイトはある?

YYCでは直接サクラは雇っていません。サクラのアルバイトは一切募集していません。サクラのアルバイトの代わりに「キャッシュバックシステム」を取り入れています。

 

これは女性会員限定のシステムで、男性とメールをすれば「マイル」というポイントが溜まります。このマイルは楽天スーパーポイントを交換することができるのです。

 

お金に代えることはできませんが、マイルを貯めることで楽天で自由に買い物をすることができます。

 

YYCのキャッシュバックシステム

キャッシュバックシステムは女性限定のシステムになります。以下の表にしたがって、マイルが貰えます。マイルはあとで交換が可能です。

 

・メールを返信する…3マイル/1通
・投稿を見られる…1マイル/1回
・YYC登録…50マイル/1回
・友達に紹介する…1000マイル/1回
・体験談採用…100マイル/1回

 

たとえば、朝10通、昼10通、夜に30通ほどメッセージ交換すれば50×3で1日に150マイル貯めることができます。

 

コツコツとメッセージ交換すれば、マイルは溜まっています。友人に紹介したり、YYCを使った感想を体験談としてかけば、マイルがたくさんもらえます。

 

勝負はキャンペーン期間にあり!

YYCでは、月に1回ほどキャンペーンを行っています。キャンペーン期間中は、男性側はポイントが安く買えるようになり、女性側はより多くマイルをもらうことができます。

 

1人の男性につき2回メッセージ交換すると100マイルもらえます。1日30人とやり取りすれば、それだけで3000マイルゲットできます。(1,200円〜1,800円相当)

 

この期間は男性は活動的になるので、狙い目です。短期集中で異性とやり取りすることでたくさんマイルを稼ぐことができます。

 

キャンペーン中:1人の男性につき2回メールのやりとりをすると100マイル

 

マイルの交換方法

マイルは現金に換えることはできません。交換できるのは「楽天スーパーポイント」か「楽天Edy」です。

 

楽天スーパーポイントとは、様々な楽天グループ提供サービスでご利用可能で、1ポイント=1円相当としてご利用できるポイントです。

 

楽天Edyとは、楽天Edy株式会社が提供するプリペイド(前払い)方式の電子マネーです。チャージしてリアルの買い物をしたり、ネットショッピングができます。

 

ようは、楽天サービス内で自由に使うことができます。交換は以下の通りです。

 

楽天スーパーポイントに交換する
・3,000マイル 1,200ポイント(1,200円相当)

 

・10,000マイル 4,000ポイント(4,000円相当)

 

・30,000マイル 12,000ポイント(12,000円相当)

 

楽天Edy
・3,000マイル 1,800円

 

・1,000マイル 6,000円

 

・30,000マイル 9,000円

 

キャッシュバックの安全性

女性は無料登録が可能です。登録に必要なのは「メールアドレス」だけです。アドレスはフリーメールでもOKです。

 

登録には、年齢、郵便番号、住所、電話番号、学歴などの情報は一切入力する必要はありません。ニックネームや居住地など漠然とした情報でOKです。

 

登録後に年齢確認をする必要があります。年齢確認には「免許証」や「保険証」が必要ですが、これも紙や手などで名前や住所、顔写真を隠すことができます。

 

「生年月日」「証明書の名所」「証明書の発行者名」この3つが映るようにスマホで撮影すればOKです。

 

YYCに登録したからといって、個人情報は運営に渡りませんので安心してください。もちろんいつでも退会可能です。

 

サイト内のやり取りは、メールボックスを使って行われます。自分のアドレスが相手に知られることはありません。しつこい人、不快な人がいれば「拒否ボタン」ですぐにブロックできます。

 

出会い系サイトというと、どこか胡散臭いイメージがありますが、ミクシィグループが15年以上運営している老舗のサイトなので、安全面はしっかりとしています。

 

楽天と連携をとって運営していますし、有名会社が指揮をとっているので安心です。

 

どうやってメールレディ始めればいいの?

女性会員として登録すればよいだけです。登録すると自動的にキャッシュバックシステムが適用され、勝手にマイルがたまっていきます。特別な申請はいりません。

 

登録は以下のリンクから行えます。入力時間は3分〜5分程度です。

 

 

YYCの関連記事

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

【画像付】YYCで7人の可愛い子とライン交換しました!

YYC内でアポと取った方がよいか?ライン交換した方がよいか?YYC(ワイワイシー)は1通あたり料金が発生するシステムです。サイト内ではできるだけ短いラリーでライン交換するのが効率がよいです。ですが、中には「出会ってから連絡先を交換したい」という子がいます。すべての人とライン交換できるわけでは当然あり...

≫続きを読む

YYCの無料掲示板を使い倒して出会いを量産する方法!

YYC(ワイワイシー)には「友達募集」「恋人募集」「メル友募集」「今から遊ぼう」「暇してる」「グルメデート」の6つの掲示板が用意されています。これらのYYC掲示板を有効活用することで、最小限のポイントで出会いに繋げることができます。今回はこのYYC掲示板の使い方について解説します。YYC掲示板の機能...

≫続きを読む

YYCで出会えない人がしてしまう3つの行動!

YYCはなんとなく利用していたのではなかなか出会えません。YYCから出会いに繋げるにはいくつかコツがあります。今回はYYCで出会えない人がしてしまう行動を解説していきたいと思います。【出会えない要因1】メールを送る人数が少ないYYC(ワイワイシー)では2〜3人に送信してすぐに出会いに繋がるような簡単...

≫続きを読む

YYCで使われている広告のモデルさんは誰!?

YYC(ワイワイシー)のモデルはみなレンタルポジの女性ですね。無名のモデルさんです。レンタルで借りてきた画像を加工してYYCの画像は出来上がっています。レンタルポジとはこんな感じです。https://pixta.jp/直接YYCが通っている専属モデルはいません。レンタルで買ってきた画像にのっている女...

≫続きを読む

YYCを実際に5,500円課金してみた感想まとめ

実際にYYC登録して5,500円課金してみた感想私は実際に5500円課金して30日間YYCを使ってみたのでその時の感想と出会うためのポイントをお伝えしようと思います。私は登録者限定、YYC初回キャンペーンを使って以下のプランを申し込みました。6,000ポイント+プレミアムオプション→5,500円これ...

≫続きを読む

YYCのログイン履歴の表示について【消すことはできるのか?】

YYC(ワイワイシー)のログイン履歴は「最終利用時間」が表示されるのではなく、「ログイン履歴(5分以内、10分以内、24時間以内、3日以内など)」で表示されます。ただし表示のされ方は、WEB版とスマホアプリ版で違います。YYCスマホアプリの場合プロフィールには表示されません。ただしプロフィール検索か...

≫続きを読む

YYCの機能一覧&基本的な使い方!

YYCの機能一覧ついて解説していきます。YYC概要 YYC(ワイワイシー)は、mixiが100%株主のDiverseが運営する、大手出会い系サイト(アプリ)です。いわゆる出会い系で、2000年に設立した老舗サイトで登録者900万人と大規模です。PC、Android、iPhoneから利用可能で、それぞ...

≫続きを読む

YYCで出会うためには顔写真は必要?【盛り写メ撮り方】

私は写真ありとなし両方でYYCを使用したことがありますが、なしでも出会うことは可能です。ただし時間はかかります。なしで女性にアプローチした場合、10通女性にメッセージを送って返信があるのが2通〜3通程度です。反応があった子とメールのやり取りをしていきますが、相手は全く自分のことわからない状態ですから...

≫続きを読む

【YYC】スマホ版とWEB版の違いを解説!【Android・iPhone】

YYC(ワイワイシー)にはWEB版のサイトとスマホアプリ版の2種類あります。利用可能なデバイスは以下の通りです。[PC] [Android] [iPhone] (携帯)YYCは利用デバイスによって多少の違いがありますので、そこを説明していきます。WEB版のYYCWEB版では基本的な機能はすべて利用で...

≫続きを読む

ライブドアと出会い系アプリYYCとの関係!

YYCは現在、ミクシィ株式会社の子会社である「株式会社Deverse」が運営管理しています。株式会社Deverseは、YYCの他に結婚支援事業「youbride」婚活パーティ主催「youbride party」などの事業を行っています。元々はライブドア(livedoor)が運営していましたが、その後...

≫続きを読む

YYCとツイッターはどちらが会える?【公式ツイッター】

YYCに公式ツイッターはある?YYC(ワイワイシー)に公式ツイッターはありません。YYCとツイッターはどちらが会える?YYCは登録者数1000万人を超える超大型の出会い系サイトです。上手に利用することで「近場の女性とコンタクトをとることができます」一方ツイッター(Twitter)も利用者は多いですが...

≫続きを読む